記事一覧

ペロワさん、大きな感動をありがとうございました!

...

続きを読む

ファン・ファルーを聴いて、感動のあまり、節分をすっかり忘れてしまったワタクシ・・・でした。

最初の一音で、どこかに連れていかれました。一瞬で、ファン・ファルーの音楽世界に・・・通訳、司会で大活躍してくださった、チャランゴ奏者の福田大治さん。(福田さんは、当館で行っていた、第9回フラメンコギターコンクールでの優勝者の方です)デュオで2曲ほど。音楽って、こんなに素直に、自然体で奏で、聴く者の心と体に染み込むものなのですね。※演奏曲のひとつ、「アルフォンシーナと海」。今まで、何回も聴いてきたこの...

続きを読む

The DUO 、ほかの私的(ひとこと)一考察と、16日のスナップ写真。

この秋からの当館での演奏会は、さまざまな種類の感動に心が震えた。マルコ・メローニさんのバロックギター。美しかった。南米音楽フォルクローレの風は、人々を何かの郷愁に駆り立てる。村治奏一さんのスリートーンコンサート。魂のほとばしり、のようなものを感じた。工藤重典さんと福田進一さんのデュオ。もはや熟成の美。パブロ・マルケスさん。ギターを聴いていることを忘れた。レオナルド・ブラーボさん。温かいぬくもりの音...

続きを読む

未だ余韻が残っています。極上の大人のクリスマスコンサートでした。

一言。音楽でした。極上でした。ドームホールが喜んでいました。クリスマスのCD作って欲しいですね。*コメントは後からにします。感動が凄すぎて、言葉にできないほどでした。すごかったです!!!鬼怒さんのギターは、ホセ・ラミレス。鈴木さんのギターは、今井勇一・トーレスモデル・DaisukeSP。...

続きを読む

ブラーボさんの甘い音色に会場じゅうがうっとり。素晴らしい時間でした。

昨日は11.11.ポッキーの日だったそうです。ワンワンワンワン。ワンちゃんの日よ。 そう教えて下さったお客様もいらっしゃいました。11月は、ギター文化館にとっては、特別な月です。というのも、当館の誕生は、1992年の11月。今から25年前です。四半世紀の祝いとして今年は、特にこの秋は、すばらしい演奏者の方々の音色をドームホールに響かせていただいております。ギターの音を聴いているはずなのに、なぜか、ギターの音色の...

続きを読む

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館

Author:ギター文化館
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム