fc2ブログ

記事一覧

やっと雨が・・・

梅雨入り以来の雨が・・・ほんの申し訳程度にふりましたが、朝だけで直ぐ止んでしまったようです。

明日は國松竜次ギターリサイタルです。今回は、音楽の神髄に迫る、オール自作自演のプログラムです。本人のブログに解説が載っていたので、紹介しておきます。
6月9日(日)開演15:00 ¥3500 当日入場可
tour201305.jpg


○メロディアノクトゥルナ
普段ギターの練習を始める前に、指慣らしを兼ねて即興的なことをするのですが、その中からパターン化したものを楽譜に書くときがあります。この曲はその中からできたものの1つ。タイトルは「夜のメロディー」というような意味合いで付けました。

○悲しみの街
前半は2005年の留学時代、バルセロナで行ったコンサートの中での即興演奏が原型になっています。後半は僕が二十歳頃、再びギターを弾き始めた頃に作ったもの。全く別の時期に作った2つの曲ですが、二短調であることと静と動の対比になること、6弦をレにするチューニングが同じことなどの理由で続けて演奏しています。

○京都の風景
10代の終わりごろに書いたスケッチを、その数年後に改作したもの。ヨーロッパ音楽の真似ではなく、日本人としての個性を表現したいという気持ちが芽生えた頃に書いた曲ですが、特に日本的な音階を使うわけではなく、感覚的に日本、京都が表現されています。

○レクエルドブレべ
タイトルは「儚い想い出」というような意味。3つの部分からなり、それぞれロ短調とも嬰ヘ短調ともつかないまま、途中リディア旋法(中世ヨーロッパで使用された、ファ、ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファという音階。)も交えて進んで行きます。

○2つのワルツ
2001年頃に書いたものの、気になる部分があるため放置していたものを2010年に改作したもの。1曲目の「哀愁のワルツ」はゆったりとしたロマンティックなワルツ。2曲目の「情熱のワルツ」はアップテンポで、ゼクエンツ(反復進行)を多用して作られています。

○3つのカタルーニャの歌
バルセロナで作曲の勉強をしていた頃、カタルーニャ民謡を使用して、そのメロディーに無調で対旋律を加えていくという課題をこなしていました。そんな中からいくつかのピアノ曲ができたのですが、「3つのカタルーニャの歌」はそれをさらにギターに編曲したものです。僕の作品としては、ギターの為のオリジナルとは言えない珍しいものになります。1曲目は「アルナウ伯爵」、2曲目は「ベツレヘムの馬小屋」、3曲目は「アントニア」というタイトルです。

○レイニングイングレイ
留学時代の2006年に書いた曲。4つの小品からなり、それぞれ無調で即興的な音遣いの音楽が展開されます。カタルーニャの前衛音楽の影響が少し現れているような気がします。

○闇の花
即興演奏の中からできたものの1つ。中声部のメロディーに対して、最初から最後まで高音のシとミの伴奏が鳴り続けますが、できるだけシンプルな素材で1曲作ることができるかというアイデアで書いた曲。

○オリエンタルワルツⅠ、Ⅱ、Ⅲ
6弦をドに、5弦をソに下げて演奏されます。3曲ともに東洋的な音階を基本に構成され、その中にメランコリックな旋律が顔を覗かせます。第1楽章は哀愁を帯びたメロディーが歌われるロンド形式(主要テーマがいくつかの他のテーマを挟みながら何度か繰り返される形式。A-B-A-C-Aが一般的)。第2楽章はイントロの後、リズミカルな主部を経て、中間部にゆったりとしたロマンチックなワルツが現われる3部形式。第3楽章はイントロ後、ワルツというには急速なテンポ設定のロンド形式で、時折1、2楽章が回想されます。


本日はオヤジーズ(永盛、永長、磯山、栗原、坂梨)が、ひまわりの館で行われるふれあい発表会で演奏します。影を慕いて、月の砂漠、オリーブの首飾りを演奏します。1:30過ぎからなので応援に行こうと思います。

終わりました…止まらなかった、本人たちも満足のようでした!よかった!よかった!
  ひまわり2  ひまわり3  ひまわり1

ギター文化館終了後、小川亭で山遊会の例会が・・・。小川さんと佐々木君の親の冥福を祈りながら、隊長の退所そしてお帰りなさいとゆみこさんのお母さんの歓迎会を兼ねて、諸々の総員18名が集いました。初めは雨降りの中でしたが、其のお蔭で綺麗でお二人を歓迎するかのように大きな虹がアーチを掛けていました。
  130608-680 - コピー (1)  130608-680 - コピー (2)  130608-680 - コピー (3)

山遊会の様子は次ページに・・・


みっちゃんが大張り切りで美味しい料理を多数・・・隊長の誕生ケーキ、会談の上り初め、土壌鍋、話題は尽きる事も無くいつまでも・・・
  130608-680 - コピー (4)  130608-680 - コピー (5)  130608-680 - コピー (6)
  130608-680 - コピー (7)  130608-680 - コピー (8)  130608-680 - コピー (9)
  130608-680 - コピー (10)  130608-680 - コピー (11)  130608-680 - コピー (12)
  130608-680 - コピー (13)  130608-680 - コピー (14)  130608-680 - コピー (15)
  130608-680 - コピー (16)  130608-680 - コピー (17)  130608-680 - コピー (18)
  130608-680 - コピー (19)  130608-680 - コピー (20)  130608-680 - コピー (21)
  130608-680 - コピー (22)  130608-680 - コピー (23)  130608-680 - コピー (24)
  130608-708 (1)  130608-708 (2)  130608-708 (3)  
  130608-708 (4)  130608-708 (5)
夜が更けるまで・・・・・

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館事務局

Author:ギター文化館事務局
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー