fc2ブログ

記事一覧

大掃除

本当に更新してなくてごめんなさい<(_ _)>

皆さんに良く「ブログ見てますよ」なんて言われるけど、普段更新してるとそれほどの感触もない。今度来客カウンターをつけますが、それよりも皆様コメント下さいな。
とりあえず先週のイベントから。
大掃除・宴会(忘年会)そして発表会。
いろいろと忙しく動いてると、ブログの更新もおろそかになります。

大掃除は結構な人数が参加して、周辺の枯れ枝処理や、窓ふき、館内の展示物清掃などが行われました。さすがに結構汚れてて、従来の輝きを取り戻した楽器群が今も燦然と展示されてます。
皆さん見に来てね。 しかしギター大好きのサガなのか、久しぶりに出された楽器(特にギター族)などを見るとついつい弾いてみたくなる。
これって大掃除の時に限って、昔熟読した漫画とか雑誌とかが出てきて、ついつい読みふけってしまうのと似てるかな?一種の逃避行動と取れなくもない・・・。
んで、ケース内に展示されてた、1本のギターが気になって、ついつい調弦を始めてしまった・・・。ある古典楽器製作家のトーレスモデルだったんですが、はじめはイマイチだったけど、弾いてるとなかなかいい音でなってきたので調子に乗って色々弾いてると、しばらく音合わせしてない楽器だから当然またチューニングが狂ってくる。んでまた、ぐいーんと上げた刹那・・・「ぱーん」と何とも言えない小気味良い音。いつもの弦が引きちぎれた「ばちーん」という音ではなくて、どちらかというとクッション材のプチプチをつぶしてすんごいいい音が鳴った時のような音が鳴った。

もしや、どこか壊れたのでは?とブリッジやネックの周辺を見てみると4弦がプラプラしてる。それで弦が切れたんだと気づくのに5秒かかりました。

古くなってた弦が、切れたんですね。但し、通常はサドルの所とか、テンションが集中的にかかるところから切れると思いますが、大体サウンドホールの当たりで、しかもまさしく自然に切れた感じでした。弦もほっとくと外の鉄線だけでなく内部の繊維まで劣化するんですね、だからおそらくテンションかがかかる場所でなくて一番劣化が進んだ場所が、任意的に切れたんでしょう。

弦は定期的に交換しなければいけませんね、気をつけます。 んで大掃除の後は忘年会とあいなって、酔いどれ親父の集会のようになってしまいましたが、力入れて話している内容は普通の会社の忘年会とは全く違って「トーレスの音はね・・・」などと言う内容。みんなほんとにギターが大好きでたまらんっていう感じです。本当に良い環境です。

忘年会


こんな皆さんに囲まれて過ごしてます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館事務局

Author:ギター文化館事務局
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー