FC2ブログ

記事一覧

「ひろしま」原爆投下の日!

今から70年前、午前8時15分・・・。広島の街に投下された原子爆弾!
50年前に労音で、毎夏必ず歌った(叫んだ?)カンタータ“人間を返せ”(大木正夫作曲/峠三吉作詞)

ちちをかえせ ははをかえせ
としよりをかえせ
こどもをかえせ 

わたしをかえせ わたしにつながる
にんげんをかえせ 

にんげんの にんげんのよのあるかぎり
くずれぬへいわをへいわをかえせ

これが、峠三吉「原爆詩集」による序章です!

今年の広島での記念式典より、こども代表の「平和への誓い」から抜粋・・・ 
昭和20年(1945年〉)8月6日午前8時15分、照りつける太陽の下、一発の原子爆弾が、建物、自然、そして、たくさんの人々の大切な命を奪いました。 この日のことを経験していない私たちですが、大切な人を失う悲しみは、想像することができます、 あの日から70年、 今の広島は、色とりどりの花が咲き、緑豊かで、みんな笑顔で過ごすことのできる素敵な街です。この街で、今、私たちは、平和への思いを感じています。平和を考えるきっかけは、身近なところにあります。平和記念公園で見た、広島平和記念資料館を訪れて知った原子爆弾による被害の事実、悲しみ、苦しみとともに、平和への強い思いが込められた被爆体験者の話、そして、私たちこども代表による「平和への誓い」祖父母たちが、この70年間ヒロシマを生き抜いて、私たちに命をつないでくれました。 私たちは、今まで受け継がれてきた命と平和への思いを受け止め、考え、自分たちにできることから、「小さな平和」をつくろうとしています。もう一度、身近な友達、世代の違う人々、様々な国や地域に住む人々と、平和について共に考えてみませんか、広島に育つ私たちは、事実を被爆者の思いや願いを、過去・現在・未来へと、私たちの平和への思(おも)いとともにつないでいく一人となることを誓います。
平成27年(2015年)8月6日、こども代表広島市立白島小学校6年桑原悠露、広島市立矢野南小学校6年細川友花

原爆投下4日後
ひろしま

そして今
ひろしま今

今度の日曜日、8月9日(日)10:00~/12:30~の2回上映されます。この映画の映像が広島に原爆が投下された直後の様子を再現した映画「ひろしま」です。 原爆投下から8年後の1953年に制作されましたが、これまでほとんど上映されず、「幻の映画」と言われてきました。映画にはおよそ9万人もの広島市民が、エキストラとして出演しています。

この話題の映画、当館での上映が決まり、助監督の子息小林氏にお話を・・・と話し合っていた時、白井氏のところに一本の電話が、急逝されたとか・・・?その後の話で、孫にあたる小林開氏がお話に来てくれます。
入場料は1200円(前売1000円)

この貴重な上映に当たり、プロジェクターとスクリーンの貸し出しをしてくれた、石岡セレモ二―社に感謝します!

石岡市のまちづくり共働課にプロジェクター貸し出しを、お願いした処持ってないとの返事(ネットを通じて所有していると告知をしている)他の部署に繋げてくれる。生涯学習課では、応対した係りの者が、内容も聴かない内に、「お宅には貸せない・・・?」他の部署で断られたものを、当部署が貸せるわけがない・・・?いきなり門前払い!理由はお金を取るから・・・(興業との位置づけらしい?)、DVDを借りたり、スクリーンを借りたり、会場を借りたり、映画の告知の宣伝をしたり、売り上げから被災者への・・・?大体この映画でお金儲けができる訳がない、本来なら行政で出来ない物を、民間がやるのだから、補助するのが・・・?一体この市は何を考えているのだろう、多くの行政では、今この時期に反核・平和を、真剣に討論している時期に、戦後70年と言う大事な年に・・・?!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館事務局

Author:ギター文化館事務局
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー