FC2ブログ

記事一覧

快晴・・・その分長袖でも肌寒く感じる?この辺の野原では、薄と背高泡立ち草との勢力争いが・・・?
・背高泡立草が色付いて来た、背高泡立草と薄はお互いライバル同士。秋の野原でこの二大巨頭は、凄まじい勢力争いを展開・・・?北アメリカに自生する。北アメリカでは鹿等の野生草食動物の食草となり、放牧地(野草放牧地)では牛等の放牧家畜の食草にもなっている。地下茎を有する多年草。春には地下茎から茎が伸び上がる。茎は分枝せず、1~2m(肥えた土では3m以上にも)伸びる。花期は10月~11月。黄色い円錐型の花を咲かせる。種子は冠毛を有するが、冠毛全体が「泡立つ」ように見えることと、草丈が高くなることから「セイタカアワダチソウ」の名がついた。根は地下50cmの深さまで伸びる。
・一方薄、芒とは、イネ科ススキ属の植物。尾花ともいい、また茅(かや。「萱」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。 野原に生息し、ごく普通に見られる多年生草本である。夏から秋にかけて茎の先端に長さ20から30cm程度の十数本に分かれた花穂をつける。花穂は赤っぽい色をしているが、種子(正しくは穎果・えいか)には白い毛が生えて、穂全体が白っぽくなる。種子は風によって飛ぶことができる。日本には全国に分布し、日当たりの良い山野に生息している。夏緑性で、地上部は冬には枯れるのが普通であるが、沖縄などでは常緑になり、高さは5mに達する。その形ゆえに、たまにサトウキビと勘違いする観光客がいる。国外では朝鮮半島・中国・台湾に分布するほか、北米では侵略的外来種として猛威をふるっている。
 朝1013 (1) 朝1013 (2) 朝1013 (3)

今日も快晴、ギター文化館の廻りでも外来植物との激烈な勢力争いが・・・!
 館1013 (1) 館1013 (2) 館1013 (3)

うれしい連絡が・・・
当館の会計を担当している、小山敬子さんにお孫ちゃんが誕生!我が家の息子どもは、全然子供を作る気が無いようですが、自称親代わり・・・久美ちゃんに第一子誕生、予定より若干早かったようですが、母子とも健全、朗報でした!



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館

Author:ギター文化館
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー