記事一覧

今朝はびっくりぽん?

5時起床・・・暖かい?暖房消し忘れたか?室内温度を見ると、なーんと!16度Cもある、もう初夏ですよ!コロちゃんが騒ぐので外に出る・・・5時40分、外はまだ真っ暗、そして強風と雨、風は生暖かい?春一番か?

午前中激しい風が吹いていたが、午後になると吹き止み、陽射しも・・・!

午後一で、小学6年の女の子が、ギターを習いたいと・・・(現在ギタ女が流行りとか?)高野先生が教えることに・・・!

PM1時から、高野講座・・・もう何回目だろうか、3名の生徒さん頑張っています!

夕方から、足立江美ちゃんのレッスンがあります・・・

そう言えば、足立江美子CD初リリース!間もなく出来上がります、題名は「Panormo」・・・
今回の録音で、当館のコレクションから使用した楽器≪ルイス・パノルモ≫からとりました。
Louis Panormo 1784年~1862年
ヴィンチェンツォの四男として1784年パリに生まれました。 クラシックギターで”パノルモ”といえば彼を指し、19世紀ギター三大名工の一人と言われます。彼は、フランス革命が勃発すると、戦禍を逃れて家族とロンドンに移住し、工房を開きます。当時からギター製作家として成功を納、70歳頃ニュージーランドに移民し、1862年8月11日、78歳でその生涯を閉じました。
彼のギターには、「スペイン様式ギターの唯一のメーカー」と記されたラベルが貼ってあります。材質は表板は松。1820年代は、横板・裏板に楓材が多く用いられましたが、ラコートなどのフランスのギターにはツキ板(合板)が使われていますが、ルイは単板を多く用いました。力木も斜めに太い力木が1本通っているというものです。1830年代では、横板・裏板にはハカランダを使い、しかも裏板は一枚板が多いようです。力木は有名な扇状になります。この力木の配置はスペインのパヘスのギターを参考にしたという説もありますが、バロックギターにも同様の力木は見られます。
ボディとネックのジョイントはスペイン式。指板はローズウッドが多く、フレットは真鍮製のI型のもの。スカロップというフレット間の指板を凹状に彫ったものもあります。糸巻きはBAKER社のものが有名ですが時期によって3~4種類のものが使われました。ブリッジはサドルと一体となっているため弦高を高く直すことが出来ませんが、弦の響きをより多くボディに伝えられる利点があります。彼のギターデザインはボディのラインを見ても、フランス・ミルクール地方のギターとは明らかに違い、イタリア・クレモナ的です。サウンドホールの周囲に描かれている同心円は16~17世紀のイタリア・バロックギターの様式を受け継いでいます。

ギターの黄金時代 、古典期に入ると、リュートなどが廃れたのに対し、ギターは引き続き発展していきました。弦はこの頃から1本ずつの単弦となり、低音に1本増えて現在と同じ6弦となりました。また、この頃からロマン派初期にかけて多数の優れたギター音楽作曲家が出現し、「ギターの黄金期」を迎えました。この頃のギターは「19世紀ギター」とよばれ、現在よりも小ぶりで弦の張力も弱いのが特徴です。現在の形となったのは、19世紀の末、すなわち、ほんの100年余り前のことです。18世紀末から19世紀初頭はギターの黄金時代といわれ、アグアド、ソル、ジュリアーニ、カルリ、カルカッシ、コストなどの大ギタリストを輩出し、バイオリンの鬼才パガニーニもギター曲を作曲し、シューベルト、ウェーバーは歌曲や室内楽に、ロッシーニはオペラにギターを活躍させました.。この頃のギターは6弦で丸いサウンドホールを持ち現代のギターの基礎となる型に発展しています。これには「巻弦の発明」という技術的な要素があったといわれています。これにより響きを増し、復弦から6コースの単音弦という現代のギターの形になりました。この頃のギターを19世紀ギターと呼び、イギリスのパノルモ、フランスのラコートが代表的な制作者として知られています。ボディが現在よりもかなり小ぶりなギターです。
今回使用した、当館の「ルイス・パノルモ」です。
パノルモ表bパノルモ裏b
収録曲
①大序曲Op.61/M.ジュリアーニ
②練習曲Op.51-13/M.ジュリアーニ
③練習曲Op.51-14/M.ジュリアーニ
④歌劇「ファンション」の主題による変奏曲Op.88/M.ジュリアーニ
⑤ソナタL.349 K.146/スカルラッティ
⑥ソナタL.437 K.437/スカルラッティ
⑦ソナタL.377 K.377/スカルラッティ
⑧モーツアルトの「魔笛」の主題による変奏曲Op.9/F.ソル
⑨モーツアルトの「ドン・ジョバンニ」の主題による変奏曲Op.6/J.N.ボブロヴィッツ
今回使用した「MIZUHARAギター」
MIZUHARAb.jpg
①④⑧⑨    MIZUHARAギター(2000年)
②③⑤⑥⑦  PANORUMOギター(1800年代)



スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館

Author:ギター文化館
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム