記事一覧

Do it! Do it! Do it! 吉田松陰とスティーブ・ジョブズの共通点

暑い一日でしたね。
冷凍室で凍らせた駄菓子・アンズボーがひときわ美味しく感じます。

*   *   *   *   *   *

今日は、松陰が幽閉されていた萩から江戸に護送された日です。
安政6年の5月25日早朝だったそうです。

井伊直弼の大粛清(安政の大獄)、最後の刑死者であった松陰にまつわる話は
余りにも有名な話なので、何を今さら、の感はあるのですが、
小学生の頃に父に聞かされて、へ~、と思った記憶があります。

5か月後の安政6年10月27日、死罪を言い渡され即日処刑。
齢30歳。
今から157年前の話です。

いよいよ首を切られるというとき、
松陰は悠々と歩んで役人に一礼して「御苦労様」といって正座。

その態度に周りにいた人たちのほうが驚いたとのこと。

検死人が死後すぐに松陰の睾丸を改めると、
ダラリと下がったままだったとのこと。
通常は、極度の緊張で縮み固まってしまうものなのだそうです。

松陰は松下村塾の塾生たちにこんな言葉を残しています。

「諸君、狂いたまえ。」

現状に満足せず、常識という壁をいつも自らの行動で壊してきた
松陰らしい言葉ともいえます。
松陰の死後8年、日本は明治という新時代を迎えます。


アップル創立者の一人、スティーブ・ジョブズ。
彼もまた、現状に満足せず、
常識という壁をいつも自らの行動で壊してきた人です。

ジョブズが次世代の若者たちに語った言葉は、
「Stay hungry, stay foolish.」
〜 ハングリーであれ、愚かであれ。 〜


「当たり前」という常識を疑う、という手法が、
意外にも新機軸の発見につながるということがあるようですね。

ご縁あってギター文化館に関わらせていただいて、一年が過ぎました。
今秋、ギター文化館は創立24年を迎えます。

つくづく、館は生き物であるなぁ、と思います。
関わって下さる皆さまお1人おひとりが、館を形作ってくださっていると思います。

いつもながら、陰になり日向になり、皆様のご協力に感謝しております。
今後とも、従来同様、忌憚のないご意見、ご助言をお願い申し上げます。
ご協力よろしくお願い致します。

事務局 池田由利子
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館

Author:ギター文化館
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム