記事一覧

朝から雨模様・・・

暫く晴れが続いていたが、久し振りの雨のようだ、然も蒸し暑い・・・。
明日は國松竜次ギターリサイタル、毎年この時期に全国ツアーで茨城に訪ずれる。素晴らしい感性のギタリストで、毎回素敵な演奏を披露してくれるのだが、何故か聴衆者が少ない、勿体無い気がするのだが・・・然も今回は、来館者へ自らの編曲した楽譜(ピアソラのカフェ1930とナイトクラブ1960のギターソロ版の楽譜をご来場のお客様にプレゼント)をプレゼントしてくれる。
・國松竜次
京都府生まれ。スペインに留学し、ルティエール芸術音楽学校で学ぶ。ギターをフェルナンド・ロドリゲス、カルレス・トレパットに師事。 作曲をダビッド・パドロスに師事。
バルセロナ国際ギターコンクール優勝。 2007年帰国。 同年6月に大阪、東京、京都で全編即興演奏によるデビューリサイタルを行い、各地で好評を博した。これまでにバルセロナギターフェスティバル、ルスト国際ギターフェスティバル、ローザンヌ国際ギターフェスティバル、サラエボ国際ギターフェスティバルなど内外の音楽イベントに招かれ演奏する。
作曲も行い、これまで数々の作品を自作自演により初演する。 CD「プレイズ・ピアソラ」、「アレンジメント」、「タレガ作品集」、「リョベート作品集」、 DVD「ギターリサイタル2008 in 大阪」が発売されている。
2016年2月に新譜「プレイズ・クニマツ vol.1~京都の風景」をリリース。 全作曲作品をウェブで無料公開している。
プログラムは・・・
●前半
パガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏 (ラフマニノフ)※
マズルカト長調 (タレガ)
二人の姉妹" (タレガ)
スペインセレナーデ (マラッツ)
セビリャーナ (トゥリーナ)
メロディアノクトゥルナno.5 (クニマツ)
情熱のワルツ (クニマツ)
●後半
カフェ1930 (ピアソラ)※
ナイトクラブ1960 (ピアソラ)※
山のロザリア (ロシア民謡)※
オーソレミオ(カプア)※
禁じられた遊び~トレモロバージョン (ルビーラ)※
悲しみの街 (クニマツ)

※クニマツ編

今からでも大丈夫・・・当日でも大丈夫・・・
5月28日(土)15時開演 3500円(当日4000円)

昨日から、像のはな子さんが老衰で・・・?各メディアからの報道が流れた?

像のはな子は、1947年にタイで生まれ、タイでの名前は「カチャー」2歳半の時、タイから日本に贈られた。1949年8月22日にデンマーク船オラフ・マークス号でタイを発ち、9月2日に神戸港に着いた。そして、貨物列車とトラックを使って、9月4日に上野動物園に到着した。当初、上野動物園では「カチャー子」と呼ばれていたが、公募により、戦争中に餓死した「花子」(ワンリー)の名を継いで「はな子」と名付けられた。上野動物園には、「はな子」到着のすぐ後の1949年9月25日にインドから贈られた「インディラ」も到着し、年末までの3か月間で100万人近くの入園者が訪れるゾウ・ブームが起きた。此の頃の事は、小学生だった私も覚えている、それだけに「はな子」さんの名前にも愛着がある。

69歳(像の平均寿命=65歳?)とか?今更ながら、生きる者は全て終わりがある事を実感?昔からの言葉にもある「盛者必衰・・・」「生者必滅・・・」何事も、何時までも続かない、そして生あるもの死を迎える・・・?個人としてはそうであっても、多くの人の思いや、理念は長く続かせたい・・・!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館

Author:ギター文化館
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム