記事一覧

明日から9月です。週末土日は、シンイチ・フクダに浸ってくださいな~♪クラシックギターの王道を体験してください。

皆さんこんばんは!

今日は、8月の最終日です。
明日から9月。多くの小中高は明日から2学期ですね。
福田進一

ギター文化館の9月は、福田進一さんから始まります。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
9月3日(土)福田進一ギターリサイタル 
開場14時30分~、開演15時~。(途中休憩約2時間の公演です)
前売り3500円(当日4000円) 学生2500円 全席自由 

まだお席ありますので、クラシックギターの魅惑の生音コンサートをどうぞ間近でお楽しみください。
ギター文化館のドームホールは、奏者と観客の距離がすごく近いので、ライブ感たっぷりの
生ギターの美しい音色を堪能できます。

9月4日(日)福田進一マスタークラス(公開ギターレッスン) 
開講13時~18時 聴講チケット2000円 


チケットのご予約・お申込みは、東京労音♪ギター文化館まで。📞0299-46-2457(10時~17時)
公式HPのメールフォームからも承っております。(24時間受付中)

福田進一ギターリサイタルプログラム(予定)
ブローウェル:俳句(2016〜福田進一 60 歳の誕生日に)
バッハ(福田進一編曲):リュートのためのフーガ BWV1000
バッハ(福田進一編)リュート組曲第2番 BWV997
ソル(アグアド版):グランソロ作品 14
〜休憩〜
ブローウェル:ソナタ第5番 ブローウェル( 「アルス・コンビナトリア/結合術」(2012-13)
バリオス:大聖堂〜アイレ・デ・サンバ〜舟歌〜ワルツ第 4 番 〜パラグアイ舞曲
  


言わずもがな、、、「 Shin-ichi Fukuda」サンは、日本のクラシックギター界を代表するギタリストです。
演奏の合間のトークも軽妙洒脱。演奏と共に楽しみの一つです。
さて、3日はどんなステージを見せてくださるのでしょうか。。。

フクダシンイチ・プロフィール
1955年大阪船場に生まれる。12才より故 斎藤達也(1942-2006)に師事。77年に渡仏し、アルベルト・ポンセ、オスカー・ギリアという両名教授に師事した後、1981年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝、さらに内外で輝かしい賞歴を重ねた。
以後30年、ソロ・リサイタル、主要オーケストラとの協演、エドゥアルド・フェルナンデスとのデュオをはじめとする超一流ソリストとの共演など、福田の活動は留まることを知らない。今世紀に入り、既に世界20数カ国の主要都市に招かれ、リサイタル、マスタークラスを開催。19世紀ギター音楽の再発見から現代音楽まで、そのボーダーレスな音楽への姿勢は世界中のファンを魅了している。
近年の主な活動として、キューバの巨匠レオ・ブローウェルから協奏曲「コンチェルト・ダ・レクイエム」を献呈され、2008年5月コブレンツ(ドイツ)にてライン州立響と世界初演。引き続き作曲家自身の指揮によりコルドバ管弦楽団(スペイン)にて再演さらに、2011年10月には、ブラジルのサンパウロ交響楽団との南米初演など世界各地で大成功を収めている。またフェルナンデスとの共演により、ブローウェルの最新作2つのギターのための「旅人たちのソナタ」を世界初演。2012年には、中国、メキシコ、ドイツ、台湾、キューバ、カナダ、北米へのツアーが予定されている。多忙な演奏活動のかたわら、教育活動にも力を注ぎ、その門下から鈴木大介、村治佳織、大萩康司といったギター界の実力派スターたちを輩出。それに続く話題の若手ギタリストにも強い影響を与えている。ディスコグラフィーはすでに60枚を超え、近年ではスペイン音楽第2集「セビリア風幻想曲」が、平成15年度第58 回文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。07年には「福田進一 アランフェス協奏曲」(共演:飯森範親指揮ヴュルテンベルグ・フィルハーモニー管弦楽団/日本コロムビア)を、10年より「オダリスクの踊り」「エチュード・ブリランテ」と近代ギター音楽の父、タレガの作品集(マイスターミュージック)を連続リリース。11年秋から5年に亘る「バッハ作品集」のリリースを開始した。
平成19年度、日本の優れた音楽文化を世界に紹介した功績により、外務大臣表彰を受賞。さらに平成23年度の芸術選奨、文部科学大臣賞を受賞した。
上海音楽院、大阪音楽大学客員教授。
東京国際、全米ギター協会及びイタリア/アレッサンドリア国際ギターコンクール審査員。

http://guitar-bunkakan.com/concert_img/concertseries/2016/0903new.pdf福田進一ギターリサイタル

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
(イケダの独り言)
昨日も、今日も、初めてご来館のお客様から、
「アコースティックギターもよいし、ロックもよいんだけど、最近クラシックギターのきれいな音に、メロディに惹かれるんです・・・」
すわっつ、これはもしや、クラシックギターブームの前兆か!!(゚д゚)

石岡のまち♪ギターのまち構想もあながち夢物語ではなくなるゾっと。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館

Author:ギター文化館
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム