記事一覧

ロッコーマンの城戸社長、イタリアのギター製作家パオロ・コリアーニ(Paolo Coriani)さんと来館!!

文化の日。
秋晴れの昼下がり。
ロッコーマンの社長・城戸將太郎氏が、
イタリアのギター製作家・パオロ・コリアーニ(Paolo Coriani)さんと一緒に来館されました。

※パオロ・コリアーニさん豆知識:
マセッティのギター工房を経て、アントニオ・デ・トーレスを原点とする伝統工法に基づいた楽器に興味を持つに至り、
1984年に独立。以来、アントニオ・デ・トーレス、マヌエル・ラミレス、ヘルマン・ハウザーなどの研究・分析・修復を通じ、
彼らのスタイ ルと音響特性を踏襲しながら、妥協の無い楽器の製作を続けている、日本でも有名なイタリアの製作家。

IMG_2204.jpg
20年前、イタリアを訪れた日本人から「Palacio de la Guitarra」(ギター文化館)のことを聞いたとのこと。
以来、一度行ってみたいと思っていたそうです。
数年前、弦楽器フェアで来日するも、時間の調整つかずに断念。
本日は、非常に楽しみに来て下さいました。

パオロさんは、カーノコレクションが日本に来た経緯など、色々な質問を、英語で城戸社長経由で。。。
知る限りの精一杯のお答えを。。。

IMG_2205.jpg
城戸社長、スマホアプリでチューニング。試奏。

IMG_2206.jpg
急遽、山本さんにヘルプの📞。通訳を依頼。城戸社長とパオロさん、3人で英語で。。。
(聴くのは分かるが、喋れない・・・・これはスピーキングのスキルアップの必要性を痛感(;_;)

帰りがけ、大島直ギタリストが来館。スペイン語でパオロさんと楽しげに会話。。。

長年の夢が叶って、嬉しそうなパオロさん。
この後、当館初代館長・細川さんのところ(お隣りのアルカンヘルギター館)へ。

次にパオロさんにお目にかかる時までには、少しは喋れるようにしておきたいですね。
(いつも山本さんがタイミング良くヘルプして下さるとは限りませんものね)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館

Author:ギター文化館
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム