記事一覧

感動をありがとう!また来てくださいね!!

DSC09195.jpg

グラシェラ・スサーナコンサート2016~Amor…あの瞬間~
ギター文化館公演が、本日開催されました。
(20年ぶり? のギター文化館公演だそうです。)

スサーナさんは、
幼少期からタンゴ歌手として歌っており、
17歳の時、南米を旅行中だった菅原洋一氏により見出され、
1971年初来日を果たしました。
その後
「アドロ・サバの女王」がミリオンセールスを記録。
彼女の代表作となりました。
グラシェラ・スサーナさんの太く深みのある歌声と、
たどたどしくもひたむきに日本語で歌う姿が
多くの人々の心を掴んでいます。
DSC09204.jpg

今日も、心を打たれたお客さまがたくさん。。。。
気が付くと、
頬を涙が伝っていた・・・
そんな方々が少なからずいらっしゃいました。
ただいま、
オカリーナのおがわゆみこさん(当館音楽院オカリーナ講師)と
台湾公演旅行中の
ジャズギタリストの高野行進さん(当館音楽院ギター講師)は、
常々、「スサーナの舟唄」を弾きます! と前置きをして、演奏しています。
自身のCDにも収録しました。
スサーナさんにそれを話すと、
「ギタリスト(の高野さんね)、知ってる」うんうんと頷いていらっしゃいました。

スサーナさんのボーカル、ギター、
鈴木裕子さんのピアノもすてきでした。

お二人の舞台でのトークも冴えていました。
鈴木さんの絶妙なMC(司会・進行)で、
スサーナさんの歌を離れた世界もちらちらと垣間見えて
聴衆の皆さんは、
スサーナさんを身近に感じられたことと思います。

人の胸を打つ歌声というものがあるのだと、
改めて感じました。

よく、歌うように語り、語るように歌え。といいますが、
スサーナさんはまさにそうでした。
若い世代の方々にもぜひ聞いていただきたいと思いました。

今度は、20年後といわずに、
近いうちにまた来館して歌っていただきたいですね。
スサーナとのお茶会
舞台を降りると。可愛い御婦人に。。。サインを書いてくださっているところです。
くるみコーヒーの手作りチーズケーキと自家焙煎コーヒーで、おつかれさまでした~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

FC2ブログランキング

プロフィール

ギター文化館

Author:ギター文化館
ギター文化館・公式ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム